« 劇的な結末でハミルトンがワールドチャンピオン! | トップページ | キリンカップ シリアに快勝! »

ラリージャパン日記2008

Img_3449 Img_3462

 今年は帯広から札幌に移転した初年度のラリージャパン。今年もしっかりチーム関係者としてもぐりこむことに成功。今年も木曜の夜から日曜のフィニッシュまでたっぷりとラリー漬けの日々を送りました。

 ローブだのミッコだのペターだの世界を転戦してる方々は下々の者には一切縁がありません。というか今年に関してはサービスパークでワークス勢を見に行く暇はあんまり無かった。ちなみに今年も二つのチームに関わったけどチーム内での僕のポジションはメインの方の写真好きのドライバーのために写真を撮りまくることと、ドライバーとコドラをサービスパークからホテルへの送迎が主な仕事。
 どこのチームに関わったかは写真を見て判断してください。

*Day 0
 ラリーショーが行われてる時間帯に職場からドームに直行。全ドライバーの集合写真をメディアなんかでは当然無いのでドーム内の反対正面から望遠を駆使して撮影。その後セレモ二アルスタートを見渡せる位置から撮影。

*Day 1
 朝のサービスパークからのスタートを撮影。その後SS4ピパオイ、札幌ドームSSSを観戦。ピパオイはシャトルバスを降りてから登りの林道を30分徒歩で行くまでに疲労感たっぷり。サービスの作業風景もばっちり撮影

*Day 2
 ドームにドライバーを送り届けたあとにドライバーより先に出発してSS12ニカラ、SS15イメルへ移動。イメルに到着後最初の車がスタートする前にうちのドライバーが止まったとの情報を受けドライバーを回収に向かう。結局自走可能ということでドームまで戻ったけどタイムアウトでレグリタイヤ。車の損傷も激しくなく、ドライバーも含めてチーム全員でドームでSSSを観戦。

*Day 3
 この日は午前のドームSSSを観戦してセレモニアルフィニッシュを待つだけだったが、その直前のラリージャパン最後のSSとなるSS29イメルでリタイヤ。ドライバーを迎えに急遽千歳へ。一番楽しみだったはずのセレモニアルフィニッシュの舞台に立てずに終了

 おおまかに言うとそんな感じでトラブル続きの2008ラリージャパンでした。来年のラリージャパンはどうなるかわからないけどWRCがこなかったらIRCを呼ぶ方針で、それもかなわなかったらなんらかの国際格式のラリーをやるとのこと。場所は札幌ドームではないかも知れないけど北海道でやることは確定です。

 なにわともあれ来年もこのお祭りを楽しみにしたいと思います。

|

« 劇的な結末でハミルトンがワールドチャンピオン! | トップページ | キリンカップ シリアに快勝! »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/43017731

この記事へのトラックバック一覧です: ラリージャパン日記2008:

« 劇的な結末でハミルトンがワールドチャンピオン! | トップページ | キリンカップ シリアに快勝! »