« 1/22のあいのり | トップページ | 1/29のあいのり »

映画「硫黄島からの手紙」を見てきた

 映画「硫黄島からの手紙」を見てきました。本当はもっと早く見に行きたかったけどなかなか時間が取れずやっと見に行くことが出来ました。さすがに公開から結構時間が経っていたせいか割と劇場は余裕がありました。

 前回のアメリカ側から見た「父親たちの星条旗」と違って今回は日本側から見た硫黄島。前回はアメリカ側のドロドロした内幕を描いていたけど、今回は今までの日本の戦争映画とは違って日本側の内情を描いていました。決して天皇万歳!の一辺倒だけではなく、を殺せなかったばかりに最前線に送られてしまったエリートや当然ながら死にたくないと思ってる兵士等さまざまな人間模様が描かれてるあたりがリアルです。
 ただよく有るアメリカの戦争映画のような誰かを救い出してハッピーエンドという展開を求める人には向かないかも。両方の映画ともにお互いのダメな部分までリアルに描いているし、実際の戦争を元にしているので淡々としていて最後に盛り上がる場面なんてものもあんまり無いです。どちらかと言うとエンターテイメントと言うよりはドキュメンタリーよりの作品だから好みが分かれる気もします。個人的には多少予想とは違ったけどこれはこれで良かったのでは無いかと思います。
 話題作でもあるし見に行って損は無いかと思うけど、上記のようによく有るアメリカの戦争映画を期待する人は止めた方がいいかも知れないです。個人的には両作品ともDVDの購入は決定です。
 

|

« 1/22のあいのり | トップページ | 1/29のあいのり »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/13679244

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「硫黄島からの手紙」を見てきた:

« 1/22のあいのり | トップページ | 1/29のあいのり »