« 11/27のあいのり | トップページ | 12/4のあいのり »

映画「父親たちの星条旗」を見てきた

 映画「父親たちの星条旗」を見てきました。まぁ公開から時間が経っていた割には人は結構入ってました。硫黄島2部作は両方見ようと思ってたので楽しみにしてました。

 戦争映画ではあるのだけど戦地ではなく戦争とは離れた平和なアメリカ本土が舞台。事前の勝手な予想ではもうちょっと戦場が大きな舞台なのかと思ってたけど違いました。他の戦争映画と違った視点で描かれていたけど、これはこれで良かったと思います。
 内容は作り上げられた英雄栄光挫折の物語です。写真にある星条旗ともうひとつの星条旗。当時の英雄が死ぬまでそのことを話さなかったのかが描かれてます。
 実話を元にした物語ですが、もし自分がその作り上げられた英雄だったならば、やっぱり死ぬまで話すことは無いだろうと思いました。
 でも個人的にイマイチだと思ったのは戦争シーンの弱さ。敵である日本兵の描き方が希薄すぎてうーんという感じでした。でもこのあたりは主題が作られた英雄の物語であるのと次の「硫黄島からの手紙」があるので逆にあっさり目で作ったのかも知れませんが。
 という事で俺の本命は次の「硫黄島からの手紙」で、今回はそれをより深く楽しむために見に行ったという感じでした。とは言ってもこの映画1本でもいい映画で間違っても駄作なんかに当てはまる作品なんかでは無かったです。この手の映画が好きなら見に行っても後悔はしないと思います。

|

« 11/27のあいのり | トップページ | 12/4のあいのり »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/12897676

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父親たちの星条旗」を見てきた:

« 11/27のあいのり | トップページ | 12/4のあいのり »