« 9/4のあいのり | トップページ | 疑惑の中ミハエル優勝!見所は終盤に »

Rally JAPANに行って来ました

N06090401
 疲れすぎて終わってから2日も経ってますが、先週の木曜から帯広で行われたRally JAPAN 2006に行って来ました。優勝はシトロエンセバスチャン・ローブで、歴代最多勝タイだったけどこれで単独トップになった。

 そもそもRally JAPANに行ったのはただの観戦ではなく、うちのお客さんが出場するから。でも整備士資格も持ってない俺としては移動時の運転手兼名ばかりの記録係というただの雑用。まぁぶっちゃけ居なくてもあんまり支障は無かったといえば無かった(笑)。
 ワークスプライベーターも参加チームはやることは似たり寄ったり。基本的にサーキットレースと違い林道等のSSに行ってるので、車が戻ってくる朝の10分昼30分夜45分の作業時間しかなくどこのチームもこの時間はあわただしく作業をするので殺気だってます。ただ裏を返せばその他の時間は作業することも無く、ヒマ過ぎて逆に疲れるくらいヒマです。そんなこんなでうちのチームはトラブルも無く無事完走。順位の方は趣味なのでとても恥ずかしくて大きな声で言えないですけど。
 俺にもチーム用のクレデンシャルパスが発給されてるので、一般の観客が入れないところに入れるのでいろいろ楽しめはしましたが、やっぱりラリーよりはF1の方が個人的には好きです。ただF1は間違っても趣味でレースする人間は一緒に走れないし、F1とは違い弱小プライベーター世界のトップと同じ舞台で戦えるのはかなり大きな魅力です。
 と言うことで以下はただの観客としてのRally JAPANの感想を。とはいっても一応参加チームの一員と言うことでサービスパークの横のSSSを3日間とその前のシェイクダウンしか見てませんが。1日目と2日目はスタンドで最終日は立見席から観戦してたけど、結論は最悪でした。まず何が不満かと言うと無駄に高い金網におかげで写真を撮ろうにも金網越しだしそもそも見えづらい。その次は砂埃がひど過ぎる事。直前にを撒いては居るけど量が足りなく焼け石に水状態で、通常通りにさくさく進行すると砂埃が立ちすぎてまともに見えなかった。次は入場について。手際が悪すぎてなかなか開場時間を過ぎてもなかなか入場出来ない。一番ひどかったのは2日目で俺が入場できたのは開場時間から1時間以上経ってからだった。最終日には多少改善されたのかかなり早く入場出来ましたが。最後に立見席について。最前列で脚立に座るのはさすがにどうかと思うけど、混み合ってるから敷物等はひかずに観戦して下さいとさんざんアナウンスされてるのにも関わらず、中盤から後ろで敷物に座って見えないから普通に前の方で見てる人に文句を言うのはちょっとおかしいと思った。その立見ゾーン傾斜不足で後ろからだと見えにくいという会場自体の問題は有ったとは思うけど基本的に立見席なんだから座って文句言うのはおかしいと思う。俺も後ろの方で頭と頭の間から見てたけど、早い時間から並んでいい場所を取ってたわけじゃないのでそれが当然だと思います。
Img_0011b
 最後に個人的に今回で一番の見所は、2日目の昼にぼろぼろで戻ってきたアトキンソンの車を、30分で見事に修理して見た目クラッシュとはとは思えない姿で送り出すというスバルワークスのすばらしい作業でした。プライベーターならあれほどの損傷なら時間内で作業することなんて出来ずにペナルティ確実です。やっぱりワークスは一味も二味も違うと言うのを実感した瞬間でした。
 来年はなんとかしてラリーの醍醐味である林道SSになんとしても行きたいです。SSSも魅力ではあったけど今年と同じつくりなら来年は見なくてもいいかも。という事で来年の目標は評判の良かったレラカムイあたりに行く事かな。

|

« 9/4のあいのり | トップページ | 疑惑の中ミハエル優勝!見所は終盤に »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/11779354

この記事へのトラックバック一覧です: Rally JAPANに行って来ました:

« 9/4のあいのり | トップページ | 疑惑の中ミハエル優勝!見所は終盤に »