« 7/17のあいのり | トップページ | 7/24のあいのり »

いろんな意味で寒かった十勝24時間レース

 第13回十勝24時間耐久レースを見てきました。ここ数年毎年見に行ってるけど今年はくて大変でした。

 今回はタレントのヒロミ等がいなかったけど、本山哲がこのためだけに起こしたチームの「アラビアンオアシス・レーシングチーム」が参戦したり、もとF1レーサーの片山右京が参戦したりと話題は豊富だったと思います。
Ara
 まず鳴り物入りで登場した「アラビアンオアシス」の話から。第一印象から微妙で、ピットウォークなど観客と直接交わってスポンサーとしてアピールのチャンスなのに、ドライバーは最後の最後まで顔を出さず、自社製品のも人が帰り始めるかのころに配るというドタバタ具合。たとえチームがドタバタしててドライバーが出れなとしても、これから日本で売り出すだけは大量にばら撒いたほうが良かったと思うし、個人的にもイマイチ印象が悪い。のほうも特別参加の割りに遅いし、とても優勝できるようなものじゃ無くNSIMOもやることが中途半端。最終的にはポルシェの足元にも及ばず、ランサーやインプにも勝てない総合7位でこれまた微妙。はっきりいってこのチームは宣伝もイマイチだし、走りもイマイチで何をしにきたのかわからなかった。
 そして同じく特別参加で意味不明だったのは「デンソー・レクサス」。クラス的には総合優勝のポルシェと同じながら結果は総合17位ハイブリッドカーオートマというレースカーとしては異色のパッケージ。でも決して誉められるような車ではなく、ハイブリッドカーなのに燃費も悪いその上遅いという最悪の車だった。噂によると大量のバッテリーを冷やすために常にドライアイスを積んでいてその費用が約50万。どこにハイブリッドのよさが出てるのかさっぱり不明だった。
Ukyo
 さいごに個人的には一番注目だったのは元F1レーサーで現アルピニスト?の片山右京。色が黒いのは山に登ってるせいだろうけど、はっきりって見た目は普通のおじさんになってました。それでもやっぱり人気はあってピットウォークでは同じチームの他の3人と一緒に並んでたけど、注目度は右京プラスその他という感じでした。
 以上ざっと個人的な感想でした。今年は広いサーキットを移動するのにキックボードを持って行ったりと準備万端で行ったのに、天気が悪くてがぱらついてたのが残念でした。毎年今年で最後じゃないかと噂される十勝だけど、なんだかんだ行っても来年も多分行こうと思いました。

|

« 7/17のあいのり | トップページ | 7/24のあいのり »

「F1」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
エントリーと関係のないコメントでスマソ!
只今、本陣にてアンケート企画開催中。
ご参加お待ちしておりマース。

SA06ついに始動しましたね!
楽しみっす。(笑)

投稿: カンジ | 2006/07/22 23:24

>>カンジさん

アンケート答えて見ました。

SA06本当に楽しみですね!

投稿: tamusan | 2006/07/23 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/11010492

この記事へのトラックバック一覧です: いろんな意味で寒かった十勝24時間レース:

« 7/17のあいのり | トップページ | 7/24のあいのり »