« 6/19のあいのり | トップページ | ブラジルに敗戦!もっと悔しさを持て »

クロアチアに痛恨の引き分け

 W杯の2戦目の日本対クロアチアスコアレスドローに終わって、両国共に厳しい立場になった。今回も前回同様に感情のままに乱筆乱文で。

 今回は序盤こそ押していたものの、全体的にはどちらかと言うと劣勢な展開だった。チャンスは明らかにクロアチアの方が有ったし、はっきり言って負けても不思議ではなかったかも。おまけにジーコが前回勝ち点3を取れなかったからと言って4-4-2にシステム変更した時点で嫌な予感ははしたけどまさに的中してしまった。
 高原柳沢の2トップははっきり言ってFWとしての仕事をしているように見えなかったし、シュートを打つ気があったように思えなかった。おまけに柳沢にいたっては後半6分の決定的な場面で、相手の守備陣かと言うような見事なクリア。ぶっちゃけあの体制で点を決めなかったら小学生でもブーイングされるし当然ながら攻められるだろう。さらにもうひとりの鹿島枠小笠原も見事に役立たず。前々から分かっていたとは言えどうあがいてもアジアレベル止まり。交代で入った玉田もやっぱりダメ。スタミナ十分なんだからボールを動いたりスペースに走りこんでくれなければ意味なし。おまけに唯一の見せ場だったGKと1対1になった場面でもシュートなのかパスなのか良く分からないプレーで終了。
 そしてさらにやばかったのは守備陣。4バックの左のアレックスはダメだと思ったけどここでも本領発揮して、クロアチアの右サイドのスルナを自由にし過ぎ。途中なんども川口に怒られてはいたけど最後まで改善されず。ただ今回は攻撃面ではいい場面も作ったけど。
 今回もっともダメでまさにA級戦犯という言葉が相応しいのが宮本。オーストラリア戦でも言ったようにまるでダメ。動けないし体格はDFとしては貧弱だし、おまけにPKまでプレゼント。この人も小笠原と同じくアジアレベル以上の相手の時には使ってはいけない。
 けなしてばかりではなんなので次からは誉めれる選手。まずはGK川口。はっきり言って
今日はモードでスーパーセーブ連発だった。この人がPKを止めてくれたおかげで試合として成立したかも。次は中田英。ミスもあったけど最後まで動いてたし、柳沢のシュート以外の場面で得点のにおいを感じれたのはこの人のミドルシュート2本のみ。俊輔はたまにいいパスも出せてはいたけど、事前に発熱していたようだしスタミナ不足で後半は消えてたかも。
 これで決勝トーナメントに進むには最後のブラジル戦で最低でも2点差以上で勝たなければならなくなった。正直言って首の皮一枚でやっとつながってる状態。ブラジルも決勝トーナメント進出が決まってるし、選手の体調も考えるとサブ組みで来るような気はするけど2点差以上の差をつけて勝つのは残念ながらイメージが湧かなかったりする。でもなんだかんだ言っても頭の中では奇跡が起こって欲しいとは思ってるけどね。

|

« 6/19のあいのり | トップページ | ブラジルに敗戦!もっと悔しさを持て »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
あの柳のはもう笑うしかなかったですね(笑)
あそこでGKのまた抜きをしてはずすなんて
ある意味天才ですよね
なのでもう大黒最初からでいいので使って下さいジーコorz
川口はよかったですね
あのモードに入った時はほんとに凄い!
あと僕は稲本が結構効いてた感がしました
福西と稲本のコンビ見たいんですがね~

投稿: アイ | 2006/06/20 20:55

稲本も結構よかったですね。
ただ福西とのコンビは残念ながら実現しなそうですけど、、、。

FWは個人的に巻と大黒のコンビが見たいかな。

投稿: tamusan | 2006/06/20 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/10592624

この記事へのトラックバック一覧です: クロアチアに痛恨の引き分け:

« 6/19のあいのり | トップページ | ブラジルに敗戦!もっと悔しさを持て »