« キリン杯 ブルガリアに敗戦 | トップページ | アロンソ母国で完勝!琢磨は久々完走 »

やっとFF12をクリア

 「FINAL FANTASY XII」が3月に発売されて2ヶ月。もうとっくにクリアした人なんてたくさんいるだろうけど、ここでは私がクリアしてみて改めての感想を。
以下はネタバレになりますのでまだクリアしてない人は注意

 まず戸惑ったのが戦闘システムで、今までのシリーズとは違い戦闘が画面の切り替え無しと半自動というのに違和感が有りまくり。このシステムは後半に行くに従って逆に便利に感じたけれど。
 その次に気になったのは声優陣で「24」ファンなら思わずにんまり。なんて言ったってバッシュジャック・バウアーだし、アーシェキム。アーシェはともかくバッシュなんてもうキャラクターの性質もあってジャックにしか見えなかったです。
 映像面で感じたことはオープニングの戦艦の戦闘シーンから予想は出来たけど、あれっこれは「スターウォーズ」のサイドストーリーか?と。わかりやすいところではバルフレアはもろにハン・ソロだし、ちょっとキャラは違うけどフランチュ-バッカ。それに飛空挺のシュトラールは操縦席の雰囲気までファルコン号。おまけにエンディングでヴァンに操縦桿を託しバルフレアがエンジンを見に行くなんてまるで映画そのままという感じでした。確実にスタッフは「スターウォーズ」が好きなんだろうと思いました。
 最後に不思議に思ったのは本当の主人公は誰だったのだろう。劇中にもバルフレア「主人公は俺」と言ってたように、父親がシドで自身もジャッジだったバルフレアが一番かっこよかったし主人公にふさわしかったのかも。ついでに言うとアーシェバッシュも物語的には潰された国の王女兵士だしこちらも例えこっちが主人公だったとしも違和感は無い。最後に残ったヴァンパンネロはただの町の少年とその幼馴染興味本位ちょっと旅に出るかという勢いでついて来ただけで、当然ながら根本的にストーリーに絡むことはしない。主人公らしい働きと言えば街の中で移動するだけというFFシリーズでもっとも影の薄い主人公だったかも。
 この年になってまともにするゲームは「ウィニングイレブン」とこの「ファイナルファンタジーシリーズ」のみなんで、普段はほぼサッカーしかしないゲームになまってしまった人間としてはちょっといろんな意味で戸惑いも多かったけど、結論から言うとやっぱりFFシリーズは最高で当然ながら面白く買って損は無かったです。おまけに「24」と「スターウォーズ」の両方が好きな人間としてはそれだけでよかったという感じもありましたが。
 次回作のFF13は早くもPS3で発売決定との事。でもPS3本体は廉価版バージョンでも6万オーバー。当然ながら買うとしたら高い方になるので確実に7万は超えると思われる。このゲーム機としては超高級機、次世代光ディスクの再生装置としては破格の値段という微妙な値段設定。まぁいずれは確実に買うだろうけどその時までは値下げしてくれてるとありがたいところです。

|

« キリン杯 ブルガリアに敗戦 | トップページ | アロンソ母国で完勝!琢磨は久々完走 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

本当にヴァンは最後まで影が薄いよね。

モブ狩りとかのサブストーリーで
ヴァンやパンネロの盛り上がるシーン
があればいいんだけど、現状確認できず。
影が薄いまま、サブストーリも
終わるのだろうか・・・


投稿: マティ | 2006/05/11 23:42

>>マティへ

地味に初コメントかな
ヴァンはサイドストーリーこなしても
影薄いままっぽいね。

ところでバブリーなマティとしては当然PS3は
購入だよね
まぁ俺も時期は別にしても必ず買うだろうけど。

投稿: tamusan | 2006/05/13 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/10012260

この記事へのトラックバック一覧です: やっとFF12をクリア:

« キリン杯 ブルガリアに敗戦 | トップページ | アロンソ母国で完勝!琢磨は久々完走 »