« 映画「THE有頂天ホテル」を見た | トップページ | 跳ね馬復活の兆し!琢磨は完走 »

監督はマジ切れ?コンサは敗戦

 J2第2節の札幌対水戸は0-1でコンサの負け。監督もコメントしてるように内容は良かったけど勝利にはつながらなかった。
 攻撃もフィニッシュ以外はテンポが良かったし、守備もセットプレーで失点したものの崩されるシーンは皆無。試合の中盤以降までに「攻めているんですけど」と言ったたぐいのコメントが解説陣から出た時点で嫌なムードはかなり漂ってるし、すでに勝星に見放されてる気がしてならない。
 そして今日のメインイベントはフッキ退場になった時の柳下監督。退場になった瞬間にベンチを飛び出しフッキを突き飛ばしに。その前からフッキのプレーには不満を持っていたのだろうけどあまりに素早くてちょっとびっくり。ベンチに戻ったあとにも顔が赤くなったままだったのでポーズなんかでは無く本当にマジ切れだったのかも。
 実際にフッキは前半にPKを貰い損なって、イライラしてるのがはっきりと分かったし、いつ退場になってもおかしくない雰囲気はしていた。でも相手選手にパンチしてるのがはっきりと映っていたし一発退場はどう贔屓目に見ても妥当。今後試合に出られる前までに反省して改心してくれれば良いけど、もし去年の池内みたく復帰後すぐに退場するようだとしばらくはベンチにも入れないかも。ただこのような問題が開幕から間もない時期に発生してくれたのが良かったのかも。
 フッキはこれで少なくても最低1試合は出場停止。フッキがボールも持ちすぎてリズムを乱す場面もあったので、そのあたりがどのように作用するかが見所かも。そして出来ればフッキがいなくても、チームが連勝街道を突っ走ってくれればフッキの意識改革も進むだろうし御の字かな。
 

|

« 映画「THE有頂天ホテル」を見た | トップページ | 跳ね馬復活の兆し!琢磨は完走 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/9041430

この記事へのトラックバック一覧です: 監督はマジ切れ?コンサは敗戦:

« 映画「THE有頂天ホテル」を見た | トップページ | 跳ね馬復活の兆し!琢磨は完走 »