« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

トリノ五輪終了!メダルは金1つ

 トリノオリンピックが閉幕しました。日本の獲得メダル数は荒川選手の金一つでした。
 選手団長は目標は「メダル5個」と言っていて結果的に謝罪したけど、それはちょっと違うような気がする。選手自身は手を抜くなんてことは当然してないだろうし、メダルを取れなくても入賞した選手もたくさんいる。
 開幕前のマスコミバカ騒ぎはどうだろうと思うし、何よりもメダル獲得予想が多すぎる。極端な例で言えば「とくダネ!」の小倉さんが18個?なんて言っていたけどどう考えてもありえない。それに日本人ばかりでは無く海外有力選手などもきっちり報道してくれた方が見やすかったように思える。
 ただ「参加することに意義がある」とも言われているけど、日本人のコーチや役員も含めた選手団は多すぎるような気がする。さすがにもうちょっと絞ってもいいのではないかとも思もえる。日本と同規模の人数でここまでメダルが少ないのも逆に珍しいだろう。
 当然のように荒川選手の金には感動したし、他の選手にもけちをつけるわけではないけど個人的にはちょっとちぐはぐな印象を受けたオリンピックだった。次のオリンピックでは日本人の更なる活躍を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィギュア荒川イナバウアーで金

20060224_280_450 トリノオリンピックの女子フィギュアスケートで日本の荒川静香金メダル村主章枝はおしくもメダルを逃したけど4位と健闘。
 前半は見てないけどおいしいところは見るべきところはすべて見れました。荒川メダルの色争い、村主は間違えるとメダル圏内と楽しめる要素満載。早起きしたかいがありました。荒川のノーミスのすべりは素晴らしかったし、点数にはならないのに意地でもイナバウアーを入れてくるあたりに男気?を感じました。村主はやっぱり荒川よりはちょっと落ちる感じはしたけどそれでも立派です。
 そして選考の段階から問題児のミキティこと安藤美姫は案の定パッとせず。SPで出遅れるとマスコミも見事に他の2人しか触れず、そのままフェードアウト。今日のフリーでも頼みの4回転はまともや不発で全く良いところ無し。おまけに「本当のことを言うと、(骨折した)小指は完治していません」なんて今さら言い訳するのはやめて欲しいです。ただの広告塔にしかならないなら素直に中野浅田真央をなんとか出して欲しかった。
 なにはともあれ荒川選手金メダルおめでとうございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

面白かったぞカーリング!

 20060219_827_450
 日本勢がパッとしなくていまいち盛り上がりに欠けるトリノオリンピックだけど、個人的にはまった競技がカーリング。世間的にも俺と同じく面白いと感じる人が割りといてプチブーム中らしい。今朝のスイス戦に敗れて予選リーグの突破は出来なかった非常に面白かった。
 最初はまったく見るつもりは無くたまたま見るものが無くて見始めたけど、地味ながら細かな戦略一発逆転も有りと予想以上に奥が深いものだった。おまけに実況は本橋選手のことを「ご存知マリリン」と呼んだり、解説も専門用語も有るけど初心者にも配慮したようなコメントで素人にも入り込みやすかった内容だったのも良かった。さらに俺的には全員道産子というのも良かった。まぁきれいな人が多かったからだというのも否定はしないけど。
 他のチームは若い人があまりいなく30代40代もざらにいる中で日本チームは10台と20台。日本ではマイナースポーツなので経済的にも場所的にも続けていくのが難しいらしく結婚を期に引退してしまう選手も多いらしい。このカーリングは体力うんぬんというより知識経験がものいう競技。海外ではこの競技に世間の理解もあるのか結婚してても続ける人も多いとのこと。確かにカーリングだけが人生では無いだろうし結婚してやめるのも否定はしない。だけど続けていく環境が無いというのは寂し過ぎる。このプチブームを期に支援してくれる企業が出て来て欲しいしJOCももうちょっと支援して欲しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2/20のあいのり

今週のあいのり

「MIEちょっと先走りすぎ?」

いい感じで鉄板かと思ってたスーザンMIEだが
ここに来て急展開。

やっとMIEの方を向きかけてたのに一挙に
MIEからの思いが強かったことに戸惑ってしまった感じ。

それにしてもあの涙のピザ屋は最後どういう風に
みんなの下に帰ったのだろう
ちょっと気になってしまった

来週はとうとうMIEがスーザンに告白
この展開では正直五分五分のような気がする。
一緒に帰って欲しいとも思うけど
もしスーザンが断る展開になったらヒデ越えはすぐそこか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジーコジャパン今年初勝利!

 キリンチャレンジカップの日本対フィンランド2-0日本の勝利
 正直言って2点目の小笠原の57m弾はおまけだし実質的には1-0と言ったところ。おまけに相手のフィンランドは2軍だしどう見てもやる気は感じなく、ほとんど引きこもりサッカーでGK川口がテレビに映ることは無かった。まぁ勝つには勝ったけどあまり面白みの無い試合で、正直言って前半は裏のBSで生中継されてたカーリングの方がよっぽど面白かった。
 期待の久保は点数を取ってくれて徐々に良くなってるけど、もっと高いレベルでのプレーをして欲しかったりするので可もなく不可もなく。今日1得点1アシストと大活躍の小笠原だけど、がんがんプレスして来ないチームが相手の時しか活躍してくれないイメージ。ただこのレベルのプレーを強い国と戦った時にも発揮してくれたら有力なオプションにはなってくれそう。
 そして今日最大の収穫?アレックスがいなくても大丈夫という事。はっきり言ってむしろアレックスが投入されてからの方が流れが悪くなったかも。でも村井がめちゃくちゃいいという訳ではなく無難にこなしたという感じ。システムにもよるんだろうけど個人的には松井に期待したいところ。
 最後にジーコの采配だけどせっかくのテストマッチなんだからもっと選手を入れ替えて欲しかった。特に最後の投入するなら本山ではなく長谷部あたりを入れた方が良かった気がする。今日のフィンランドといいこの次はアジアカップのインド戦。本当に強化につながるのかは疑問だけどどうなんでしょうかジーコさん?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドライバーは琢磨と井出!

 日本時間では日付は変わってしまったけど、予想通りバレンタインは日本のF1ファンにとって非常にうれしい日になった。オリンピックのおかげで気づいた訳だけど「スーパー・アグリ・フォーミュラワン」が明け方にこちらも予想通りシェイクダウンをおこなったと報じられて、ドライバーラインナップも同じ日に発表になった。ドライバーは同じく予想通り佐藤琢磨井出有治。琢磨の方はシェイクダウンのドライバーをつとめていると報じられた時点で確信したけど、井出の方は有力候補だとは思っていたけどモバイルキャストがウィリアムズのスポンサーになったりと最後の最後までわからなかった。これで車体からドライバーまでオールジャパン体制が整った。
 いろいろあったけど開幕に間に合わせることが出来たというのは大きい。昨シーズン終わりには琢磨はホンダのサードドライバー濃厚と言われてたのが、結局新興チームとは言えフル参戦出来ることになった。
 ただ喜んでいるばかりにはいられない。琢磨も「驚くほど短期間でチームが誕生」とコメントしてるようにもう開幕まで一ヶ月をきってるし。開幕から数戦は4年落ちのアロウズをベースにしなければ間に合わない状況を考えると準備期間は明らかに足りない。はっきり言って開幕時点の戦力はミッドランド以下と考えるのが妥当かも知れない。新車がデビューした後はどのくらいの戦力になるのか未知数だけど、優勝争いには加われずギリギリポイント争いするのがやっとかも。残念だけど日本人初の優勝は来年以降に期待かな。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

やっときましたシェイクダウン

スーパーアグリF1がとうとうシェイクダウンをおこなったらしい。
 オートスポーツのwebサイトの独占スクープでどうやらどこか(多分イギリス)の空港の一部らしい。そのドライバーは予想通り佐藤琢磨。これで琢磨のチーム入りは確定だろう。
 詳細は分かり次第に。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2/13のあいのり

今週のあいのり特別編は

「日本はなんて裕福なんだろう」

いつもアフリカの現状を見るとそう感じてしまう。
日本では自分では希望しなくても
当然のように学ぶことが出来る。

だけどアフリカではそれが出来ない
そして幼いうちから人生の選択を迫られる

家族のためを思って家を出る決断を出来るなんて
今の日本の同じ年の子供には無理
自分もあの当時そんな決断なんて出来ないだろう

でもいくら番組のイメージカラーとはいっても
ピンクの校舎はちょっと嫌かも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

原田失格って、、、。

 トリノオリンピックのスキージャンプノーマルヒル予選で原田雅彦はやってくれた。わずか200g足りなくてスキー板が長くて失格になった。
 テレビ生中継で見ていて失格となったと聞いた時は、周りのコーチ陣が気づいてやれよと思ったけど実際は本人が悪かったようだ。おまけに飛んだあとに体重を量って水分を取るチャンスは有ったようだし、本人が「60キロでいいと勘違いしていた」とコメントしているように本人に落ち度があったことは明らか。
 ただコーチの逆鱗に触れたらしく「もう帰っていいよ」と言われ、当初はノーマルヒル限定で選ばれたがひょっとしたらラージヒルにもチャンスがとも思われてたけど残念ながらほぼ消滅かも。
 年齢的にもオリンピックはこれで最後だろうし、その最後がこの結果というのは良くも悪くも原田雅彦という選手らしいという感じもするけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本対アメリカ 実質的には惨敗かな?

 W杯イヤーの日本代表の初陣のアウェーでの日本対アメリカ戦は惨敗と言ってもいいかも知れない。結果だけ見ると2-3で惜敗のような気もするが内容まで考えるとやはり惨敗という言葉の方が相応しかったかも。
 前半は3-6-1の久保を1トップに置く布陣だったけど、まったく機能せず一方的に攻め込まれて2失点。期待の久保もシュートは0だし2列目から飛び出しも無し。それどころか日本の攻撃自体がほとんど無く、攻撃陣がボールを触る機会すら皆無だった。守備面でもそろそろ熟成されてきてもいいはずなのに、こちらもいいところは無し。両サイドがザルのように崩された。
 後半は3-5-2から4-4-2に変更したけど開始早々にまたもや失点でしばらく落ち着かず。結果的に勝負できるようになったのは、長谷部阿部を投入したあたりから。それと同時にアメリカの運動量が落ちたという要因もあるけど、加地のセンタリングからが1点を返すことが出来た。その後は加地が攻撃参加する場面が増えてチャンスも増えるようになった。だけど結局終了間際に中澤がCKからもう1点返したところで試合終了。基本的に長谷部や巻などの途中から投入された選手はそこそこいいところは出せたような気はするけど、本山はちょっと厳しいかも知れない。
 結局はダメなところをこの時点でこの時点で分かったという事だけが今回の収穫だったかもしれない。でも個人的にはやっぱりこの内容では厳しいと言いたくなってしまう。やっぱり強いところと試合をするならば、海外組の俊輔中田英がいないと話にならないのかも。W杯まで残すところ数ヶ月、ジーコは本当にやってくれるんだろうか心配になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レフティーモンスター小倉が引退

 サッカー元日本代表レフティーモンスターの愛称で知られる小倉隆史選手が引退した。個人的にも好きな選手だったし地元コンサドーレにも所属していたのでひそかに応援していた。
 この選手と言えば何を差し置いてもあの怪我さえしてなければという形容詞が付きまとう。あの怪我とはもちろんアトランタオリンピック前の大怪我だ。あのひざが逆に曲がる映像は衝撃的でもあった。たらればの話になってしまうけどあの怪我さえなければ今の日本代表背番号9は当然のように背負っていただろう。
 そしてもう一つ我がコンサドーレに所属していた時も、前年度レギュラーだったのにも関らずジョアン・カルロスが監督に就任したおかげでチームから去っていった。これはプロとしてはどうなんだろうという意見もあるけど、個人的には名古屋時代の待遇を考えると仕方が無いのかも知れないとは思う。おまけにそのジョアン・カルロスは前年度のチームをめちゃくちゃにした柱谷の作ったチームを再建出来ずに早々に自らチームを去っていってしまった。こちらもたらればの話だけど小倉も半年ばかり我慢してくれれば今もコンサにいたかもと思ってしまう。
 今後はおそらく解説かなんかするんだろうけどいずれはコーチとしてコンサに戻ってきて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/6のあいのり

今週のあいのり

スーザンとMIEには幸せになって欲しい

先週あたりからMIEからの一方通行だった
スーザンへの思いが両側通行になってきたが、
今週は一気に高速道路が開通かという勢いに。

このスーザンはもう旅も長いしそろそろ幸せになって欲しい
MIEとはこのあいのりが無ければ絶対に出会いすらしてなかった
と思われるのでなおさらそう思ってしまうのかも。

そして話は変わってアレックは面白すぎ。
明らかに和泉から矢印なんて出てないのに
あそこまで勘違いできるのはある意味すばらしいかも。
ただ個人的にはアレックと同じように和泉の言動は好きになれないけど。

おまけに和泉の言動のせいもあるけど絆創膏を貰っただけで
ひさよんになびいてしまう単純さは最高だ。

そして今日もアウトローのホストテクニック炸裂。
前回は和泉に今回はひさよんに次回は???

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世間はメガネブーム?

 どうやら世の中はメガネブーム到来したらしい。
 同じniftyでblogを書いていて今やカリスマブロガーとして名高い真鍋かをりさんも、blog内でメガネ姿を披露して人気を博してるとの事。その他にもアーティストではアジカンやサンボマスター、お笑いではおぎやはぎオリエンタルラジオとメガネをかけてる人が芸能人にも増えてきた。
 自分自身がメガネを常にかけている人間なので非常に嬉しい(のかな?)感じだ。メガネっ子というコミュニティにも入ってるのでmixi経由でここを見てる人には知られてるかも知れないけど、個人的にもメガネっ子は好きだ。なんというか知的に見えたりするところが良かったり、普段メガネかけてない人が何気無くかけたりするのもそれがまた良かったりする。今までさほど意識とかしてなかったけどひょっとしたらメガネフェチなのかも。
 まぁなにはともあれメガネ人の地位が向上してきそうなので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スーパーアグリはヴァレンタインデビュー!

 「スーパー・アグリ・フォーミュラワン」がヴァレンタインに正式デビューする事を発表。
 2月14日にシルバーストンのテストで車両ドライバーともにお披露目になるらしい。現時点ではホンダV8ブリヂストンタイヤアロウズの4年落ちの車の改造型を使用。気になるドライバーもほぼ決定と言われてる佐藤琢磨ぐらいしか分かってない。
 純粋な新車がデビューするのは早くて4月ということだし、当然のようにそれ以前は戦闘力が期待できないので、後半戦に期待といったところ。ただトップレベルまでは最低3年はかかるとチーム首脳はコメントしてるので常勝チームと言われるのは残念ながら先の話。セカンドドライバーが誰になるかまだ不明だけど、なんにしたってオールジャパンでの参戦は日本のファンにとっては非常にうれしい。
 すべてが明らかになるヴァレンタインまで残すところ10日あまり。近いようで遠いような微妙な期間、ファンにとっては13日は眠れない夜になるかも。

追記
 2月7日にドライバー以外のチーム体制とテスト日程が発表が発表された。その中では2月14日ではなく2月21日のバルセロナでのテストから実走行をおこなう、とされてるのでヴァレンタインデビューは無いのかも。ドライバーラインナップも近日中に発表との事だけどそれまでには明らかになるんだろうけどどうなるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »