« やっぱり亜久里がやってくれた | トップページ | 巨人フロントはバカなのか »

音楽配信サービスを初体験

基本的に音楽配信サービスなんて面倒くさくて使うことなんて無いだろうと思ってたけど、「iTunes Music Store」限定で配信され当面CD可の予定無しという事で利用して見ました。その楽曲は11月1日に放送されたスペシャルドラマ「火垂るの墓」のエンディングで、Bank Band「生まれ来る子供たちのために」。言わずと知れたオフコース時代の小田和正の名曲で佐藤竹善もカバーしてます。
 曲の感想としてははっきり言って微妙。この曲は小田和正のハイトーンボイスがやっぱり一番あってる気がする。ミスチルも好きだけど桜井の声にはちょっと合わないと思ってしまった。同じくカバーしてる佐藤竹善は声が高いのでさほど違和感は無いんだけど、、、。
 最後に「iTMS」自体の感想。もともとiPodユーザーで事前にapple IDを持っていたので戸惑うことは全く無かった。分かっていた事だけど買った楽曲はプロテクトがかかっていて、それなりの制限がついている。それを解除するには一度CDに焼いてから再度PCに戻す。やっぱり普通のラジカセで聞きたいというのも有ってCDが無いのはなんとなく不安だし、普通のmp3形式の方が使い勝手がいいというと一石二鳥。ただこの方法は大量に購入する場合は向かないかも。
 俺個人としてはこのように限定とかじゃない限り、CDを買うかレンタルになると思う。便利なことは便利なんだけどね。

|

« やっぱり亜久里がやってくれた | トップページ | 巨人フロントはバカなのか »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/6919505

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽配信サービスを初体験:

« やっぱり亜久里がやってくれた | トップページ | 巨人フロントはバカなのか »