« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

11/28のあいのり

今週のあいのり

「ヒデ新記録達成オメ!」

関ちゃんの記録を抜き14ヶ国目達成の
偉業の成し遂げてしまったヒデ。
着々とヘタレ道を驀進中という感じかな。

まぁ俺もあいのりに参加したら第2のヒデになりそうなんで
人のことは笑えないけど、、、。

今日の主役はtk
なんとなくダメな予感はしたけど案の定ダメだった
三木道山には笑ったけど最後はかっこよかった。

そしてアレックという新メンバーも登場
来週は最近俺イチオシの梅ちゃんにも新展開が有りそう。

嵐のパワーアップ日めくりカレンダーがちょっと欲しい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回もIQ テスト・ザ・ネイションに参加

 このIQ テスト・ザ・ネイションも早くも三回目。前々回は118、前回は122。物好きとしては今回も当然のように参加してIQ121とほぼ同じ水準でした。ずっと集中して見てたせいか、2時間半終わってみるとあっという間だった。今回はCMまで出題されて番組作りもうまくなったなぁと思わず感心。
 俺の脳は典型的に左・左タイプで「論理的に情報を捕らえ、論理的に表現する」というタイプの人間との事。まぁ多少は理屈っぽいと自覚してただけにちょっと納得かなと言う感じ。公務員や気象予報士、官僚、事務職などに最適らしいけど、大学時代の心理テストではバリバリの営業向きと判定されただけにちょっとビックリ。
 そしてホリエモンのIQは98。頭が良さそうだっただけに意外な感じ。スタジオゲストのトップも吉村教授のIQ100とこれまた意外。並みのIQでもそれなりのステータスを持てるのにのね。
 来年も当然のように番組があれば参加するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話題のArio札幌に行ってみた

1

 11月23日に苗穂にオープンした「Ario札幌」に行ってみた。本当はスーパー好きとしたはオープン当日に行こうと試みたけど、家から歩いて10分の距離なのに車で行って30分並んでも入れる気配が無く断念。今日も土曜と言うことで心配したけど午前中という事で周辺から大渋滞は無かった。
 中に入るとどこに行っても人ばっかり。おまけに馬鹿でかいからどこに何があるのかさっぽり分からない。全部のフロアを一通り回るだけで軽く1時間はかかる感じ。大まかに分けるとイトーヨーカドー専門店街温泉の3つ。そのうちイトーヨーカドーは大きいけど普通、専門店街は苗穂ジャスコの専門店街をかなり大きくした感じ。花より団子タイプの俺としては、イトーヨーカドーがメインになるかも。 
 今日は様子見に来ただけで特に買い物は無し。唯一買った物は「マネーの虎」に出ていたあの「フランスロール」。ぶっちゃけクレープの1種だと思うけど結構おいしかった。甘いものが基本的に苦手だけどこれはまた食べてもいい感じです。
 そしてポイントカード好きとしてアリオアイワイカードに声をかけられたら入会してもいいかなと思ってたけど、声をかけられなかったから入会せず。というか店内ではプラカードを持ってる人はたくさん居るけど、あんまりに客に声をかけていなく営業としてはどうなんだろうと人事ながら思ってしまった。それと今日は日ハム選手のサイン会もおこなわれたみたいだけど、整理券は貰えず見るだけ見ようかと思ったけど会場にも人がかなり集まってたのでそれも断念。
 次に行くのはもうちょっと空いてからかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!3万アクセス達成

ここのblogが3万アクセスを達成しました。
今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に4年落ちの車で大丈夫亜久里?

スーパー・アグリ・フォーミュラワンの車は4年落ちの旧アロウズ「A23」がベースらしい。ベースと言っても今その車を持ってるポール・ストッダート買取を打診中らしいからレギュレーションに合致する程度の改良でポテンシャルアップさせるように大きく手を加えるかも微妙。規定によると「過去2年間に作られた他チームのマシンにおける知的所有権の移動は不可」とあってBARホンダからの知的所有権の移動が認められない方向だかららしいけど。
 それにしても日進月歩のF1の世界で4年落ちの車で勝負出来るのだろうか。エンジンだってホンダV8を使うと発表してたけど、制限つきのV10を乗せるしかないような気もする。旧アロウズから設計者のマーク・プレストンを連れてきた時点で自前でゼロから開発するのかと思ったけど、旧車をベースに開発するとは考えもしなかった。来年は特にレギュレーションの変化が大きいし、ひょっとしたらV10の方が速いかもなんて言われてたりもするけどさすがに古すぎて厳しい予感がする。
 参戦発表はしたけど資金不足でまともな車は開発出来ないで、今シーズンのジョーダンやミナルディのように動くシケイン状態は避けて欲しいけどいくらホンダの技術が注入されたとしても苦戦は必死だろう。ドライバーに決定したと明言した佐藤琢磨も素直にミッドランドに行けば良かったのにとも思われる状況だけは避けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ロスタイムに3失点って

J2第42節札幌対甲府戦は2-4で札幌の負け。これで今期の昇格は完全に消滅した。
 今日もテレビ観戦してたけどはっきり言ってかなりがっかり。現時点で昇格は半ば諦めてはいたけど後半のロスタイムまでは勝っていたのに、終わってみると逆転負け。清野が今日も決めて砂川が勝ち越していい流れで終わりそうだ、と思ったのに同点にされて勝ち越しにダメ押しまで決められた。ロスタイムに3失点なんてあまりにひど過ぎる。
 なんていうかチーム全体的にメンタル面が弱わ過ぎ。失点の直後の落ち着かない時間帯に更なる失点という場面が年間を通して多かった。それにGK林もいい場面も多いけど直接失点に結びつくようなミスが、鳥栖戦で新居にやられたのについで2回目。まぁ安定感があるとは言えない。
 今日の試合は来期に向けて弾みをつけて欲しかったところだけど、逆にかなり心配にさせられたというか呆気に取られたという方が強いかも。会場で見ていた人も同じ気持ちだったのか試合終了後拍手もブーイングもテレビで見る限り無し。と言うか今日の試合は地上波で中継が無くて良かったのかも。
 来期真剣に昇格を目指すならば大量補強が必要なのかも。本当に来期は大丈夫なのかコンサ! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱりF1分裂は不可避なのか

08年以降分裂の危機にあるF1は、やっぱりこのまま分裂してしまうのだろうか?
 FIAと対立しているGPMA(グランプリ・マニュファクチャラーズ・アソシエーション)がウェブサイトを立ち上げた。おまけにトップページはチェッカーフラッグの下に各メーカーの名前が書いてあり新たなシリーズを立ち上げる気満々という感じ。おまけにホンダ真ん中で一瞬主導権でも取るのかと思ったけど、よく考えたら右からアルファベット順なだけでした。
 でもこれは本格的に動き始めたと見るべきなのかな。それにF1の株式が30億ドルで投資会社に売却されてまたまたどっちに転ぶかわからない状態。どうなるんだF1シリーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/21のあいのり

今週のあいのり

「tkちょっとかっこいいぜ」

今週はなんといってもtkの為の回だった。

いきなり入院したと思ったらすぐ退院。
でもこの事が功をなしてMIEがtk寄りに。

恋のお祭で川に流したMIEの花輪
30分も探し続けるあたりがまた良かった。
ただ梅ちゃんの花輪は誰にも
拾われなかったのはご愛嬌だけど。

告白も普段まじめじゃない分ギャップ
いいんだろうなと思った。

あれだけウザイと思ったtkも次回で最後
ムードメーカーなだけにいなくなるとさびしくなるかも。

個人的にはスーザンと帰って欲しいけど
さてMIEの選択はどっち?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり高橋尚子はすごいね

東京国際女子マラソン高橋尚子が優勝した。丸々2年フルマラソンを走ってないというブランクなんて全く感じ無かった。事前に怪我をしてると言っていて、それは実際勝てなかった時の言い訳にするんじゃないかとも噂されてたけども終わってみれば完勝。
 正直言って俺もブランクも有ったし、年齢的にも引退してもおかしくは無いしおまけに直前のハーフマラソンでもパッとせず勝つのは難しいのではないかと思っていた。でも今日の走りを見てこの次の北京オリンピックでも金メダルを取ってくれるのではないかと思った。本人もオリンピックまでを視野に入れてるみたいだしぜひ頑張って欲しいです。 
 そして最後に予断だけど今はコーチでも無い小出監督がとても嬉しそうだったのが印象に残りました。Qちゃん本人も小出監督のことをインタビューで嬉しそうに語っていてけんか別れではない事もあらためてわかって微笑ましかったです。がんばれQちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

実質的に終戦かな、、、。

J2第41節札幌対京都戦は3-3の引き分け。
 コンサ的には残り試合も少なく入れ替え戦の3位までを目指すならば絶対勝ちたいゲームだった。2度のリードを守りきれず勝ちきれない札幌悪い流れでもきっちり引き分けに終える京都。という感じで現在の力の差そのままというところだったのかも知れない。
 試合内容自体は昇格云々を抜かせば結構面白いゲームだったように思える。最近ずっと好調の清野ハットトリックを達成したし、本来ならば手放しで喜びたい感じだった。でも現在は昇格争いの真っ只中そんな悠長なことは言ってられない。試合終了後観客席は拍手で選手を迎えていたけどそれはちょっと疑問に思った。首位の京都とこれだけいい試合をしたのだからそのくらいは当然という意見も有るだろうけど大事な試合で勝てなかったのは事実、選手サポともにそのくらいの危機感を持っても良いのではと思ってしまう。勝ち点3が絶対条件で、それ以外は意味は無いとは言い切れないけどそれに限りなく近い状態。すぐ上の甲府と仙台も引き分けどまりで数字上の可能性はまだ残ってるけど、実質的には終戦と言ってもいいのかもしれない。
 可能性がある限り応援したいけど正直残念ながらもう来期に期待したほうがいいのかも知れないとも思ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頼むから決めてくれ高原!

来年のW杯に向けた年内最後の強化試合の日本対アンゴラ戦1-0で日本の辛勝
 今日の試合は前半15分までが見所で、そこの押せ押せムードの時間帯に点を取れなかったのが全てを物語っていた。本来ならば3-0、4-0で勝っていてもおかしくないような内容で、最後の松井のゴールはおまけと言っても問題無かったかもしれない。
 それにしても今日は高原がひど過ぎた。決定的な場面で一つでも決まっていればもっと楽な試合になっていただろう。シュート直前までの動きは良かったけどFWは点を取ってなんぼ。同じように柳沢もアシスト以外は特に目立つところは無し。
 他のポジションでは、駒野は加地の代わりにというレベルには達してないし右サイドは他に人材いないのだろうかと思ってしまった。アレックスは3バックで前のポジションに居る時はいいけど4バックなら相変わらず微妙。あと稲本はどん底は抜け出した感は有るけど、中田英とコンビを組む場合は迷いがあるのか中途半端。現時点では福西、小野の方がレギュラーに近いかも。そして決勝ゴールを決めた松井。膠着状態だったところから少しずつでは有るけど流れを引き寄せてくれた。今後はアレックスの代わりでスタメンも有るかも。その他は中田英俊輔は相変わらずいい動きだし、DF陣も大きな問題は無し。
 W杯まではもう強化試合もあまり無く、ジーコは今のチームを熟成していくことになるんだろうけどこの決定力不足はなんとかならないものだろうか。今のジーコの頭の中ではスタメンは高原、柳沢の2人濃厚だけど、一番人選に困っている気がする。久保、大黒、玉田、鈴木、はたまた巻と飛びぬけた選手は無し。ぜひ本番までにはなんとかしてくれジーコ!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

やっぱり鈴鹿がいいかな

本日15日付の朝日新聞で07年以降のF1は富士で開催と記事が掲載された。
 日本で初めてF1が開催された場所では有るけど、今ややっぱり日本GPと言えば鈴鹿のイメージが強い。数年ごとに交代や日本で2レースをすると言った案があるらしい。現実問題日本で2レースはかなり厳しい予感がするし、数年ごとに交代というのもイマイチな気がする。
 そもそも07年以降のF1は今の形を保っているのだろうか。コンコルド協定にサインをしていないチームも多く、分裂している可能性だって十分ありえる。仮に分裂したとしてホンダトヨタと言った日本のチームがF1に参戦していない状態ならば、盛り上がりに欠けることは容易に想像できる。
 メーカー系のチームがごっそり抜けたならば全世界的にF1の人気は無くなっていて、新たなシリーズが主流になっているかもしれない。その状況でF1を開催することにどれほどのメリットがあるのか分からない。トヨタ系の富士ホンダ系の鈴鹿のどっちがF1と契約できるか分からないけど、決定はもうちょっと先になるのかもしれないなと思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「ブラザーズ・グリム」を見てきた

ブラザーズ・グリムを見てきました。普段ならあんまり見に行かないジャンルだったけど、チケットを貰ったので見に行きました。
 感想はと言うと好きなジャンルでは無かったけど、そこそこ楽しめました。「ロードオブザリング」とかを好きなら結構楽しめると思います。グリム童話のグリム兄弟を題材にしたフィクションで、ヘンゼルとグレーテルと言った童話に出てくる人物等が出てきたりしてそこも楽しめます。そしてこの映画で一番印象に残ったのは主役のマット・デイモンでは無く、モニカ・ベルッチがきれいだなと思った。はっきりいって出てる場面は多くは無いけど存在感は抜群でした。
 でも色々な複線を張ってるのにすべて投げっぱなしな感も。でも面白いか面白くないかと言われたら面白い部類というのがそこそこ楽しめたという理由で、満点は取れないけど75点くらいという印象です。この手のファンタジー系の映画が好きな方はぜひどうぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

11/14のあいのり

今週のあいのり

「嵐それはないよな」

お酒の勢いで告白はちょっとね、、、。
おまけに記憶が無いとアヤに言ってしまったから
余計に最悪。

この番組の趣旨には反してるかもしれないけど
恋愛に積極的なヒデも無理してる気がして痛い感じ。

そしてやっぱりtkは最高だわ
勘違いにやっと気付いて三つ編み
されつつぼーっとしてる感じなんて面白くてたまらなかった。

そのtkが来週は入院。
次回も目が話せないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知る人ぞ知るお店

北海道の由仁町に「東京ホルモン」というホルモン焼きのお店だ。今まではこれと言ったガイドやテレビ等には出ていなくまさに知る人ぞ知ると言った感じのお店だった。だが今日の北海道新聞の夕刊に付属する「おふたいむ」の1面を飾ってしまった。
 前々から口コミでは広まっていたけど、堂々とマスコミに出てしまったのは嬉しいような悲しいような不思議な気分だ。そもそも10回も行った事があるわけでは無く常連と言うには程遠いけど、他の人が知らない店を知ってるのはちょっと気分が良かったりする。
 ここの味噌味のホルモンもおいしいし隣で一緒に焼くサガリも本当に最高です。札幌から車で1時間くらいで行けるし、テイクアウトも可能なので近くまで行った時はぜひどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11/7のあいのり

今週のあいのり

チェルノブイリは悲惨

今週はほとんどチェルノブイリしか
頭に残らなかった。

あんな近くに住んでるおばあさんは大丈夫なんだろうか?
未だに回収されていない遺体も多数あるとの事だし
何よりもあと600年は人が住めないという状況。
全く持って今の日本からは想像出来ない世界であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人フロントはバカなのか

巨人がシコースキーに戦力外通告をした。今シーズン70試合で7勝1敗で中継では唯一フルで活躍した選手なのにクビにする意味がわからない。
 はっきり言って崩壊していた巨人投手陣でこの選手が居た事はかなり大きかったと思う。もしシコースキーがいなかったらもっと悲惨な状況であったことは容易に想像できる。
 今回の人事は原監督の意向みたいだけど、来期は一体どうするつもりなんだろう。それに変わる補強が有るのか、若手を育てるのか定かじゃないけどシコースキー並に活躍してくれる人はそうはいないだろう。この一件で来期も優勝は遠いと感じたのは俺だけなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽配信サービスを初体験

基本的に音楽配信サービスなんて面倒くさくて使うことなんて無いだろうと思ってたけど、「iTunes Music Store」限定で配信され当面CD可の予定無しという事で利用して見ました。その楽曲は11月1日に放送されたスペシャルドラマ「火垂るの墓」のエンディングで、Bank Band「生まれ来る子供たちのために」。言わずと知れたオフコース時代の小田和正の名曲で佐藤竹善もカバーしてます。
 曲の感想としてははっきり言って微妙。この曲は小田和正のハイトーンボイスがやっぱり一番あってる気がする。ミスチルも好きだけど桜井の声にはちょっと合わないと思ってしまった。同じくカバーしてる佐藤竹善は声が高いのでさほど違和感は無いんだけど、、、。
 最後に「iTMS」自体の感想。もともとiPodユーザーで事前にapple IDを持っていたので戸惑うことは全く無かった。分かっていた事だけど買った楽曲はプロテクトがかかっていて、それなりの制限がついている。それを解除するには一度CDに焼いてから再度PCに戻す。やっぱり普通のラジカセで聞きたいというのも有ってCDが無いのはなんとなく不安だし、普通のmp3形式の方が使い勝手がいいというと一石二鳥。ただこの方法は大量に購入する場合は向かないかも。
 俺個人としてはこのように限定とかじゃない限り、CDを買うかレンタルになると思う。便利なことは便利なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり亜久里がやってくれた

aguri

鈴木亜久里がF1の11番目のチームを発表した。概要は以下の通り。

  • 名称は「SUPER AGRI FORMULA 1」
  • ファクトリーは旧アロウズの物
  • タイヤはブリヂストンと交渉中
  • エンジンはホンダV8
  • ドライバーはまだ決定してないけど佐藤琢磨と交渉中
  • 純国産チームを目指す
  • シャーシ名は「AGURI」

 昨日の夜の時点で明日なんらかの発表があるというニュースが流れたが、思ったより内容が薄かった。今回はが大きくなりすぎたので取り合えず概要だけの発表との事なので話せないことだらけなのかなという印象。おまけにチーム名は「FORMULA 1」と言うのがついていると受理されないのではという噂も有るのでそのあたりも不透明。
 メインスポンサーはソフトバンクかという噂も流れたけどその件についての発表は無し。ドライバーについても佐藤琢磨はおそらく当確だろうけど、もう一人は何も触れず。ただ純国産というキーワードから察するに松浦孝亮も有り得るけど、FIAは同じ国のドライバーが1つのチームに在籍することを嫌う風習もあるので発表されるまでは不明。
 ホンダBチームという事ではなく独立したチームとの事だけど、記者会見の場所がホンダ本社なのでかなりのバックアップがあるのだろう。でも手厚いバックアップが有るにしても、時間的余裕が無いのでどこまでの戦闘力が有るのか未知数
 なんだかんだ言っても日本のF1ファンとしては非常に喜ばしい発表だったし、純国産ならなおさら応援もしやすい。琢磨にとってはまたと無いチャンスだし来期こそは結果を出して欲しいです。まぁ詳細をじっくり待つことにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »