« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

10/31のあいのり

今週のあいのり

「やっぱりビジュアルなのか?」

嵐とアヤのカップルは固いのかも知れない
ヒデが来週なんか動きそうだけどどうだろう?

スーザンはヒデと2人で話してるシーンを見ると
ちょっと前までのヒデのポジションに来た気がする。

それとtkはやっぱり一番最初に玉砕かな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリアンはやっぱり最強だった!

もともと無類のスーパー好きなので、いつものようにジャスコへ。ちょくちょく目に留まった変わったものを買ってみてる。今回そこで思わず発見してしまったのがタイトルのようにドリアン
 やつは果物の王様と言われてるように案の定最強だった。なにげなく普通に果物コーナーに並んでいたけど、2重に真空パックされていて一味も二味も違う雰囲気を醸し出していた。値段的にはメロンで言うと8分の1くらいの大きさにカットされた状態で500円以下。物好きが試しに買ってみるのには十分リーズナブルな値段だった。
 家に帰り開封してみると一気に家中になんとも形容しがたい匂い(あえて例えるなら生ごみ)が充満、もう寒いのに窓を全開にする羽目に。当初興味本位で食べようとしていた家族も匂いだけで拒否。おれ自身もよっぽどやめようかと思ったけど意地で一口だけ食べた。正直何がおいしいのかさっぱり分からない。鼻をつまんで食べたのにも関わらず匂いがキツくて味はやっぱりドロッとした生ごみ、おまけに匂いで涙が出てくる。とても食べられる代物ではないのでジップロックを3重にしてゴミ箱行き。
 だけど本当に悲劇はここからだった。食べた後胃の中から息をする度にドリアンの匂いが、、、。自分の息が臭すぎて昨日の夜は寝られなかった。朝起きてからはほとんど匂いを感じなくなったけどかなり寝不足に。
 結論を言うともう2度とドリアンは食べたくない。これをおいしいといって食べる人なんて全く理解できません。あんまりお勧めしないけど話のネタにでもと興味が有る方はぜひ最寄のスーパーでどうぞ。素晴らしい寝心地を味あわせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引き分けで良かった、、、のかな

J2第38節仙台対札幌戦は引き分け。見ていて一瞬たりとも気が抜けない試合だった。コンサドーレが開始早々清野のゴールで先制、その後前半の10分ぐらいまでは完全にコンサペースだった。でも良かったのはそこまでで、その後はずっとベガルタペース。後半に追いつかれてその直後に池内の勝ち越しのゴールまでは、ペースを握られながらもまずまず。だがその勝ち越しゴールを決めた池内が間も無く退場に。その後は防戦一方でいつまた追いつかれても不思議じゃない状況だったけど案の定同点に。もうその時点でコンサの勝ち越しは望めない状況に。はっきり言って負けなくて良かったと言うくらい悪い内容だった。あれだけ中盤とサイドを支配されたら勝てるはずが無い。
 悪いながらも引き分けでしのぎきり第4クールは負けなし。残り6試合で3位争いも激しくなって来たけど、仙台が主力3人抜きでも勝ちきれなかったあたりを見ると現実的に昇格は厳しいかも。ただこの時期に昇格レースに加われるという経験が来期の昇格につながるので頑張ってくれコンサ!
 最後に急遽中継してくれたNHKに感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またF1がかっこ悪くなる!新チームは?

24日にF1委員会がおこなわれ来期以降のレギュレーション変更が発表された。来期は予選方式の変更とレース中のタイヤ交換の復活、2007年からはCDGリヤウィングの導入とスリックタイヤの復活。そして存在が微妙だった金曜の第3カーは来期も継続が決定。
 まず来期の主な変更点は予選方式がノックアウト方式になること。これはここ数年の予選は面白くなかったので非常に賛成。本当はちょっと前までの60分の間に各チーム規定の周回内で自由にアタックする方式が良かったけど、これはこれで結構楽しめそうなのでいい感じ。そしてもう一つのタイヤ交換の容認は妥当だと思うしピット作業も見せ場になりそうなのでこれもいい。
 2007年の主な変更点はなんといってもCDGリヤウィングの導入。これは今回発表された中ではもっとも衝撃的だった。革新的でオーバーテイクが増えるらしいけど、はっきり言ってかっこ悪い。このスタイルに慣れるには時間がかかるかも。もう一つのスリックタイヤの復活はいい。というか今の溝つきタイヤが導入された理由もオーバーテイクの増加を狙った物だった様も気がするけど効果が無かったということなのかな。さらに噂ではミシュランの撤退でブリヂストンの1メイクもありそうだけど両メーカーともワンメイクに反対なのでどうなるかは不透明。
  これらレギュレーション変更で来期の勢力図は変化するんだろうか。ルノーのアロンソ、マクラーレンのライコネンの優位が動くのかもポイントになりそう。
 そして事前の噂では新規参入チームに関することも決めるのではないかと言われてたけど、今のところそれに関する情報は無し。琢磨の来期は?鈴木亜久里は本当に監督なのか?とか気になることばっかりだけど答えは出ずじまい。
 それにF1自体が分裂するという可能性もあり流動的なことばっかりだ。そもそもこの問題は今のF1シリーズのお金の流れ不透明ということから生まれた問題。それについての抜本的な改善策は望めそうにない。コスト削減は大事だけど、2008年以降のレギュレーション草案では確かに世界最高峰といえるかは疑問。メーカーとしては技術のアピールの場なのに参戦の意義も薄れる。本当にいつになったらファンを安心させてくれるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

10/24のあいのり

今週のあいのり

「梅ちゃんはいいやつだなぁ」

梅ちゃんはヒデにそっけない態度をとられたあとに
気を使ってヒデにアヤと2人にさせるなんていい人だ。

というかヒデはあんなに時間を気にしすぎて
一般常識としても失礼

人の恋愛に関してはかなり的を得た事を言ってるけど
自分の恋愛には空回り。
俺も人のことは言えないけど順調にヘタレ道を歩んでる気がする。

というわけで梅ちゃんガンバレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで勢いに乗れるコンサ?

J2第37節札幌対山形は3-1で札幌の勝利
 コンサドーレは今回負けるとほぼ昇格レースから脱落。おまけに山形には去年から7連敗中と相性もかなり悪いときて勝って欲しいけど試合前から嫌な雰囲気が漂ってた中での試合だった。
 そんな中コンサが早い段階で先制して山形にペースを握られずに後半早々に追加点で完全にコンサペース。おまけにCKから相手のオウンゴールで3点目をゲット。その後1点返されたのはご愛嬌だとしても久しぶりにテレビの前でまったりと観戦出来た。
 そして個々の選手を見ていくと、清野は最近いい。絶対的な運動量は多くは無かったけど得点シーンの抜け出しとトラップは最高だったし、オフサイドでゴールにはならなかったけどネットを揺らしたシーンも良かった。それと西谷も非常にいい。まだ合流して時間が経ってないのに今やチームに無くてはならない存在になってきた。デルリス化けそうな気配は感じさせてくれるけど、今一つで荒削りな感じ。でも化けた時にはすでに札幌には居ないような気がする、、、。
 天皇杯での格下相手のまさかの敗戦がいい薬になったのか、第3クールのようなどん底感はなくなっていた。混戦のJ2ではこれからの残りは1試合が1試合を常に気を抜けない。京都や福岡と言った上位陣もまだ残ってるけどなんとか昇格目指して頑張ってくれコンサドーレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節はずれのかき氷ブーム到来!

 俺的にかき氷が今アツイです。なぜ季節はずれのこの時期なのかというと、近所のホームセンターで在庫処分のワゴンセールの中に300円かき氷機を発見したから。まぁはっきり言って勢いです。(笑)
 実際食べ始めるまでは結構苦労しました。なぜかというともう時期はずれでスーパーにかき氷用のシロップがなかなか置いてない。結局4件スーパーをはしごしてようやくシロップを入手。シロップじゃなく小豆をかけて食べる人もいるけど、和菓子全般がNGなのでそれはパス。今現在手元にはイチゴメロンのシロップと練乳があります。できればブルーハワイを食べたいけど未だ発見できず。札幌近郊でブルーハワイのシロップを見かけた方は一方を頂けるとありがたいです
 そんなこんなで予想外に苦労しただけあって非常においしいです。北海道のこの時期の部屋の中は暖房を焚いていてその中で食べるのがまた最高。気が向いた方はぜひどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/17のあいのり

今週のあいのり

tkおもしろ過ぎだよ

自分で2ショットになりたくて2人づつ行動しようと
決めたのに結局tkのみが2ショットになれず

おまけに狙っていたMIEがスーザンを気になったりと
まさに踏んだり蹴ったり。

そしてヒデはこの旅でやっと初めて恋してる気がする
ただバスケで活躍しても本命のアヤは嵐に恋してるのが痛い。
今までは好かれてばっかりだったけ今度はちょっと違う感じ。

全体的に停滞ムードから盛り上がって来たから
面白くなってきて見る側は楽しめるけど
本人達は大変なんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズンを象徴するレース!琢磨もやっぱり、、、。

2005年F1最終戦中国GP優勝はアロンソ2位ライコネン3位はR.シューマッハルノードライバーズタイトルコンストラクターズともに獲得し完全勝利

 ルノーアロンソは隙が無く終始レースをリード。マクラーレンライコネンは終盤ファステストラップを連発して速さは随所に見せるけど優勝には手が届かず。トヨタR.シューマッハも今シーズンの好調さを見せた結果。
 その他で言うとライコネンのチームメイトのモントーヤは、いいところまで行くけど気付くとリタイヤ。同じくアロンソのチームメイトのフィジケラも悪くは無いけどモントーヤ並みに地味M.シューマッハはフェラーリ自体の不調を物語るように、グリッドに着く前にアルバースと接触してピットスタートになった上にレース中もセーフティカーが入ってるうちに単独スピンでリタイヤ。上記のように内容結果ともにまさに今シーズンの縮図と言う感じの最終戦だった。そして番外編的にはモンテイロ完走率。ブラジルでマシントラブルでリタイヤした以外はすべて完走。おまけにポイントも琢磨より多い7ポイント。ルーキーとしては手放しで誉めても良いでしょう。
 
 BAR勢も多分にもれずその通りでバトン何とかポイント圏内佐藤琢磨は今日の中国GPでもスタートでフライングと言ったミスにリタイヤとまさにいつも通り。マシン自体も開幕前に失敗作のレッテルを貼られて、それを返上することは出来ずトヨタとの差ばかりが目立った。
 J.バトン「100レース走って優勝出来なかったやつは今後も優勝出来ない」と、叩かれてるけど残念ながらその通りの予感がする。時より速さも見せるけどそれ以上にモロイ部分も。BARの初優勝はバリチェロというのも普通にありえる。
 佐藤琢磨は今シーズン1ポイントと良い所無し。マシンの遅さやチーム自体に問題も有ったけど、基本的にバトンより遅く、琢磨のミスでレースを棒に振る事が多かった。アグレッシブ無謀紙一重だと思うけど、今シーズンの琢磨どうひいき目に見ても無謀な部分がたくさんあった。来期はまだ決まってないけど、普通のチームならミスやクラッシュが多く俺が監督ならとてもじゃないけど雇えない噂の11番目のチームの話が流れたら来期はF1にはいないかも知れない。まぁでも日本人としては日本人がいないF1は魅力半減なので11番目のチームが無事発足することを祈ってたりしますが。と言うことで来期もがんばれ琢磨!

| | コメント (3) | トラックバック (8)

欧州2連戦で収穫は、、、。

 サッカー日本代表の欧州遠征2連戦が終わった。1戦目のラトビア戦は2-0から追いつかれて引き分け。2戦目のウクライナ戦もいいところが無く終了間際にPKを取られて敗戦。ウクライナ戦にいたっては日本もオールスターに選ばれた人がいなかったものの、相手もほぼ2軍だし目玉のシェフチェンコも前日にはイタリアに戻ってたりと舐められっ放し。
 その2軍を相手に終始押されてて、ジーコ采配も後手後手で遠征しなかった方がマシだったのでは無いかとさえ思ってしまった。この遠征で唯一といってもいい光ったのは松井のみ。2試合ともいいアクセントになっていた。その他の欧州組は中田英俊輔以外は目立つ点は無し。中田浩に至っては第1戦で失点につながるミスパスをしたし、第2戦でも厳しい判定だと思うが1発退場で試合を壊してしまって、ジーコお気に入りだとは言え結果を出さなければいけない立場だったのにいいところ無し。稲本も基本的に試合感不足なのか、いいところ無し。オリンピックの頃から比べると退化してる気がしてならない。大久保もきっちりと警告を貰った以外は印象無し。
 第1戦目を終えた時点でセルジオ越後「この遠征で収穫は無いんじゃないか」と言っていたがまさにその通りだった。ジーコの采配は相変わらず謎。良い方の収穫松井は使えると分かっただけ。悪い方の収穫中田浩は使えない、アレックスは4バックで使うのは無謀という事ぐらいでとりわけ新しい事実は無し。W杯本番まで残りは少ないのにこれで本当に大丈夫なんですかジーコ監督

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっぱり琢磨は2流???

F1第18戦日本GP優勝はライコネン2位フィジケラ3位アロンソ。今日は見ていて非常に面白いレースで、珍しく抜きつ抜かれつという展開でファイナルラップのライコネンのオーバーテイクがそれを象徴していた。途中のM.シューマッハ、アロンソ、ライコネンのバトルも非常に良かった。予選の波乱で上位陣は軒並み後方からのスタートだったけど終わって見るといつもと変わらない結果だった。

 母国鈴鹿第3期ホンダ初優勝が見られるのかと思ったけどバトンは5位。途中バトンがフィジケラがピットに入りトップにたった時点で、CSの実況陣が優勝するのか!と盛り上がり一緒に興奮していたのにBARピットが準備をした時点で非常にがっくり。最初のピットストップでバトンの静止時間が長く、セーフティカーも入ったし臨機応変に1ストップに変更したのかと思ったけど給油量が多かった訳ではなくただのミスだったもよう。このあたりのまずさはさすがBARという感じか。
 そして佐藤琢磨は母国なのにまったくいいところ無し。というかむしろマイナス。スタート直後の1コーナーで飛び出したのはしょうがないにしても、その後のシケインでのトゥルーリへの突撃はいただけない。クラッシャー琢磨の名前を今回も発揮してしまったかたち。今回ばかりはペナルティーを貰っても文句は言えないだろう。オープニングラップでの事でポイントは取れないだろうと言うのはわかったが、その後も見せ場突撃のみでテレビにもほとんど映らず。残すは最終戦のみ。厳しいことを言うと琢磨が本当にF1レベルのドライバーなのかというのが問われそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今さらながらスターウォーズにはまる

スターウォーズは旧3部作をエピソード4、5、6って呼ばれる前の10年ぐらい前に見ただけだった。でも最近エピソード4、5、6、1、2のDVDをスターウォーズファンの友人から借りて見てみた。ちなみにエピソード1、2は初めて。友人のお勧め通り旧3部作から1、2に戻るという順番で見た。
 感想は、、、、、、やばいくらい面白かった旧3部作はかなり昔の作品なので古く感じるかと思ったけどそうでも無かった。昔見た事が有るので大筋では覚えてるつもりだったけど、全然覚えてなかった。まぁ逆にだからこそ楽しめたというのも有ったけど。そんなこんなで旧3部作を終えて一気に新3部作へ。エピソード1、2は比較的最近の映画という事もあり、映像も綺麗でストーリー的にもかなり面白かった。当初DVDを借りてみる前はエピソード3もDVDになってから見ようと思ったけど、ストーリーが気になって仕方が無くて今さらながら映画館で見てきた。エピソード3は展開上大きな変わり目になる事は予想できたので、どのようにそう変わるかというのが焦点だった。ちなみに地元札幌では主な映画館では7日まで公開だったのでぎりぎりだったけど、見なかったら後悔するところだった。
 DVDを貸してくれた友人に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝2万アクセス達成!

このblogのアクセス数が昨日で2万人を突破しました。
今後もぜひよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

琢磨来期は新チームから???

ホンダBARの株式を全株取得して来期からオールホンダとして参戦することを発表した。
 今回のことで来期の人事がどうなるかは分からないけど、今のアマチュアと言っても過言では無いチーム体質が変わってくれることを願ってる。代表もニック・フライから日本人に代わるんだろうか。個人的には好きでないので代わって欲しい。
 そして来期のドライバーはバリチェロとバトンで決定だろうけど、再来年以降の契約はどうなるんだろう?特にバトンは長期契約だけど契約主はBAR。今回のバトンの騒動でも改めてF1の世界では契約は意味が無いというのを実証されてるだけに、不透明な部分が多くBATの意向も無くなった今優勝経験の無いドライバーに高額契約をする意味があるのかも論議されそう。
 そしてさらに日本人にとってビックニュースなのは、新チームが立ち上がりホンダがそこにエンジン供給をする。佐藤琢磨もそこのチームからオファーを受けてるとの事。来期BARからの参戦が無くなってから去就が注目されてたがここに来てやっと光がさしてきた感じ。その新チームがどこなのかは発表されて無いけど、童夢とかならやってくれそうな気がする。
 ホンダが今後も琢磨のサポートを続けると言っていたが、新チームというウルトラCは予想も出来なかった。ホンダとしては最初から何かしらの準備はしていてすでに具体的な事までおそらく決まってるのだろう。佐藤琢磨はホンダに甘えてるとも言われてるが、日本人にとっては希望の星頑張ってくれ琢磨!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

映画「容疑者 室井慎次」を見てきた

8月末に公開されたので今さら感がありますが「容疑者 室井慎次」を見てきました。「踊るシリーズ」のファンなので、早く行きたかったのですが時間がかかってしまいました。先に公開された「交渉人 真下正義」とするなら今作はという感じです。
 今まで謎の多かった室井慎次という人間の過去が明らかになったり、今までは比較的感情に流されることの無い人間だったのに激情してしまうシーンなんかは新たな一面を見た感じです。そして今回も脇役が絶妙で哀川翔が非常にいい味を出してます。今後のシリーズでの登場に期待です。さらに迷脇役のスリーアミーゴスが持ち味を発揮していて、重くなりがちな雰囲気の映画の中ではとても良かったです。
 はっきり言ってこの位の事では捕まる事は無いんじゃないかと思ってしまいましたが、結果的には面白かったです。それに「交渉人~」よりおがかかってない気がするけど、派手なアクションシーンはシナリオ上あんまり無いので全然貧祖には感じないです。「踊る」ファンならなおさら、そうでなくてもぜひどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »