« 千歳の「Rera」に行ってきました | トップページ | やっぱりBARは出場停止なのね »

モナコには出て欲しい

F1のBARホンダが前回のサンマリノGPでのJ・バトンの車両の違反をめぐって今後2レース出場停止の処分を受けた。チームとしては今週末におこなわれるレースに出場するつもりで現地入りし、裁定が不服として民事訴訟をおこすらしい。だけどもしもこの裁定どおりになったとしたら今週末のスペインとモナコに出場できなくなる。特に伝統のあるモナコGPは見る方にとっても出る方にとっても特別なレースだったりするし、個人的にもサッカーのバルセロナ対Rマドリードの試合と並んでF1モナコ観戦は生きているうちに1度は現地で生で見てみたい物だし1ファンとしても何とか出て欲しい。
それに報道されたニュースでしか知らないけど、この手の技術的な問題は規則と技術者のばかし合いの話なので、解釈の違いでBAR側には合法な範囲、FIA側にしたら違法な範囲にあたるのだろう。特に日本のファンとしてみたらフェラーリが年間のテスト日数を明らかにオーバーしてるのが黙認されている現状を考えると、やっぱりF1はヨーロッパのスポーツなのかと思ってしまう。まぁ何はともあれ目前にレースが迫っているしここ1日2日で結果が出ると思うけど出来れば前回のポイント剥奪程度で収まってくれないかなぁ。

|

« 千歳の「Rera」に行ってきました | トップページ | やっぱりBARは出場停止なのね »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/4008162

この記事へのトラックバック一覧です: モナコには出て欲しい:

» BAR HONDA 仮処分申請(バルセロナ出走)に向けて奔走中!(追記あり) [にこらすの徒然なるままに・・・]
FIAはパリ国際法廷の裁定を受け、BARに対するサンマリノでのジェンソン・バトンと佐藤琢磨の失並びに今後2戦の出場停止(1年間の執行猶予付で更に6カ月間出場停止)の処分を執行した。 が、BAR側はこのうちバルセロナ以降2戦出場停止処分を覆すべく弁護人デイビッド・パニック氏が仮処分の民事訴訟を起こすべくロンドンで奔走中らしい。ただ、バルセロナに出走するには、土曜午後の予選前までには何らかの手続きが完了していなければならない為残された時間は少ない・・・ だが、ニック・フライは次のように語っている・・・... [続きを読む]

受信: 2005/05/06 17:16

» いい加減に目を覚ませ!日本企業 [シャベルゾウ]
BARホンダでF1に参戦している佐藤琢磨が2戦出場停止になった。 その理由がまたややこしい。 FIA(国際自動車連盟)の車検委員という人達がレース終了後のマシンを検査した。検査したのは佐藤の同僚の3位になったバトンのマシンである。 そこでトラブル(トラブルの内容はここでは省略する)があって何とか車検委員が納得して大丈夫という事になったのだが、FIAの偉い人達が不服を申し立てて国際控訴裁判所が意義�... [続きを読む]

受信: 2005/05/07 01:33

« 千歳の「Rera」に行ってきました | トップページ | やっぱりBARは出場停止なのね »