« 日本代表ドイツに完敗 | トップページ | プリンターが、、、 »

今さらながら新選組最終回を見ました

ほぼ1週間遅れになりましたが新選組の最終回をやっと見ました。さて最終回の内容ですが山南敬助が切腹した回に続いて泣いてしまいました。近藤勇が処刑場に入り勇の母の野際陽子さんが叫んだ当たりでもう泣き始めてしまいました。新選組が崩壊し始めて勇のもとを試衛館のメンバーがだんだんと離れてしまうのですが、最後は形は違えど勇をのために力を尽くそうとするところが良かったです。終盤意外と目立ったのが斉藤一でした「俺がいる限り新選組はなくならない」と叫んだあたりが最高でした。そしてなんと言っても各組長が「新選組○番組長○○○○」と名乗るところがかっこいいと思いました。
1年間を通して大河ドラマを見たのは初めてでした。この新選組は三谷幸喜さんが脚本ということで見始めたのですが思いのほか面白かったです。歴史と細部が違うなど一部批判等も有ったみたいですがNHKの人も言ってたみたいですが正しい歴史が知りたければその時歴史が動いたを見れば良いと思うし、これはあくまでもドラマなので問題無かったと思います。でもなんと言われようが総合的に見ても新選組は私個人的にはとても良かったと思います。おまけに最終回見終ってその勢いで永倉新八の新撰組顛末記をアマゾンで購入してしまいました。まだ届いてませんがおそらく真剣に最後まで読んでしまうだろうなと思います。

|

« 日本代表ドイツに完敗 | トップページ | プリンターが、、、 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48433/2311972

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながら新選組最終回を見ました:

« 日本代表ドイツに完敗 | トップページ | プリンターが、、、 »